ED504-隠れ家的整体院

姿勢づくりは将来への投資

姿勢の見方:初歩編2「背骨が曲がっていますよ」

いつもご利用ありがとうございます。院長です。ご利用者さま向けに施術のねらいをお伝えするために書いている記事です。

簡単にできる姿勢の見方をお伝えします。ご自分の姿勢の癖を知り、日々の体のゆがみ具合を確認することでご自分の健康管理が出来るんです。ぜひ体のゆがみのチェックを毎日のルーティンに加えていただきたいです。

この記事は姿勢の見方の2記事目になります。

前回は両肩の高さが水平かどうかのチェックの仕方を書きました。まだご覧になってない方は、前回の記事もぜひご参照ください。

ed504.space

今回の内容はこちらになります。

姿勢の見方2:「背骨が横に傾いています」

前回と同様にモデルさんに登場していただきます。

今回は前から見た体の傾きを見つける手順です。まずは前から見て正中(ど真ん中)を探すところから始めます。

ウエストラインからおへその位置をさがす

写真のように左右のウエストラインから、前から見た真ん中の位置を探します。そこにおへそがあります。

ウエストラインの真ん中におへそがあります(左:タータンさん、右ショートさん)

【現場のコツ】少し動いてもらうとウエストラインが分かりやすい

写真のようなゆとりのある服の上からだとウエストラインを判断しにくいので、そういう場合は少し動いてもらいましょう。体を動かせば服も動くのでボディラインがわかりやすいです。具体的には手を上げたり、体を前屈したり、ねじったりなど少し動いていただいて観察します。

おへそから垂直に線を引く、鼻との位置関係を判定する

先ほど見つけたおへそからまっすぐ上に線を引いてみます。現実には線は引けませんので、頭の中で行う作業になります。

垂直がわかりにくい場合は背景の中から垂直なものを見つけて判断します。下の右側の写真の場合では緑の点線部分に棚がありました。このように家具や柱などがあれば垂直がわかりやすいですね。

おへそから垂直線を引くと体の傾きがわかります。右側のように家具と比較するとわかりやすいです

鼻の先は大体顔の真ん中ラインを通っていますので、鼻の先に青い点を書きました。垂直線からずれているのがわかると思います。

向かって右側の女性は向かって左側(ご本人の右側)に傾いているいます。左の女性は少しだけ向かって右側(ご本人の左側)に傾いています。

傾きぐあいを比べると右のショートさんの傾きが大きいのがわかります

静止写真の注意点

今回使用させていただいた写真では、意図的に左右の女性がわずかに寄り添っているようにも見えます。集合写真やスナップ写真だとみんなに寄っていくようなポーズを無意識にとっていることもあるので注意が必要です。

  • このときだけ、そのような姿勢になっている場合
  • もともとの姿勢の癖が大きく出ている場合

二つの場合が考えられますので、一つのシーンだけで判断をせずに複数の場面で姿勢を見ることが必要です。

まとめ

一例ではありますが、このような形で体の傾きを観察します。普段からご自分の姿勢を確認するのを習慣化していただくことで、施術の効果も上がり、長持ちするようになります。

次回予告

次回は、このような体のゆがみがあったらどんな症状が出るのかを解説したいと思います。

皆様の毎日の健康作りをお手伝いしております。

ご質問、ご意見等はいつでもお待ちしております。お問い合わせフォームからご連絡ください。

院長